普段使いクレジットカード

クレジットカードの利点や信頼感

ネットで有料コンテンツを買ったり、チケットサイトでチケットを買う時など、クレジットカードが無いと支払いが非常に不便であるケースも多いですし、私はネットショッピングをよくするので、クレジットカードは本当に必需品です。クレカが無かった頃はネット通販すると、いつも代金引換を行って数百円程度の手数料が発生したり、コンビニに前払いしたり銀行にお金を振り込む必要があるので、大変面倒でした。しかし、クレジットカードなら即座に迅速に決済が完了するので安心ですし、コンビニや銀行に代金を支払いに行く手間も不要で手軽にネットショッピング出来ます。海外においてもクレジットカードは自分の信用性を示すためのツールとして活用できたり、無料で海外旅行保険を利用できたり、両替の手間なく便利にショッピング出来たりと、本当に役立つ存在です。買い物の幅も広がりますし、手持ちの現金を気にせずにスムーズに買い物を楽しめます。ポイントやマイルも溜まるので、節約にも便利です。

社会人ならば、一枚はクレジットカードを持つべき

社会人になったら、一枚はクレジットカードを持っているべきだと私は思います。未成年者はやはり、まだ親に扶養されている身だし、またクレジットカードを作るには親のサインも必要です。自分でお金を稼いで生活をするという大変さを分かってから、クレジットカードを持つべきだと思うのです。そして、なぜ私が一枚はクレジットカードを持つべきだと考えるかは、日常生活においてあれば大変便利だと思うからです。旅行やネットショッピングなどクレジットカードが持っていれば便利かな程度だけのことではなく、もっと日常の生活で使えるからです。例えば、公共料金の支払いなどです。自動で引き落とせるようにしておけば、払い忘れもないですし、大変便利です。毎月支払うものなのでクレジットカードならば、楽なのです。

クレジットカードの便利さを実感しました

今まで、いつも現金で購入していたので、クレジットカードとは無縁でした。たまたま、ネット通販で欲しい物があったので、クレジットカードを作りました。今のクレジットカードは昔の物と異なり、使い勝手が非常に良いです。ネットでも使えるし、ポイントもたまるしお得です。また今まで、通販も振込していたのですが、クレジットカード決済にすれば、振込用紙が不要になり、即日払いも可能です。カードを使用した月は、明細が送られてくるので、自分が趣味や実用品にいくら費やしたかも管理できます。月々の返済額も定額なので、買い物し過ぎてしまった良く月に貧乏になる事もありません。最近のクレジットカードは非常に良くできていると感心しました。