普段使いクレジットカード

クレジットカードを多用し過ぎる怖さ

 いくらクレジットカードが支払いに対して使いやすいとはいえ、そればかりに頼っているとあまり良くないです。なぜなら「現金を使っている」という感覚がどうしても乏しくなってしまうからです。 クレジットカードを持っている人ならば、誰でも1回くらいは想像以上の請求額を請求されてビックリした経験があるはずです。それは、クレジットカードをつい使い過ぎてしまったことによる勘違いが原因です。 クレジットカードは支払いが便利なのでつい多用したくなってしまいますが、使い過ぎると現金を使っている感覚がとても乏しくなってしまいます。それだと自身の金銭感覚がどうしてもおかしくなってしまいますので、そうならないように気をつけなければならないのです。